読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろぐりずむ

主には宝塚の感想。他のミュージカルも観ます。

【宙組】『王家に捧ぐ歌』(2015)感想 その2

前回は、総括的な感想を書いていたので、今回は少し個人目線で書いていきます。

専科さんの存在感。

専科さんって濃いなぁ(褒めてます)
今回出演されていたのは、一樹千尋さんと、箙かおるさんです。

一樹さんは、アイーダの父(アモナスロ)の役。
「鳩ちゃん」の場面が印象的でした。
私が好きなのは、エチオピアに戻ってからの狂ったアモナスロ。
悲しみを込めたような、それでいて狂っている、まさに「敗戦国の国王」でした。

捕らえられた時に、真風さん演じるウバルドとコショコショ話していたのも印象的。
すごくおちゃめな部分もあるんだな、と思いました。

そして、箙かおるさん。
アムネリスの父、ファラオ役です。

  1. メイクが圧倒的。
  2. 衣装が金ピカ。ブーツも金ピカ。
  3. ブランコの存在感
特筆すべきは3ですね。
私、ブランコだから座ってるのかな、と思っていたのですが、あれ立ってるんですね!
割と長い時間だったので大変そう…(誰目線)

あ、あと歌声!ベテランの歌声でした。
寛容な人柄が出ている、そんな歌声。

みりおんの歌声。

何が上手いかって、ソロももちろん素晴らしいのですが、やはりデュエットが真骨頂かなと思います。
デュエットするときに相手役さんを際立たせ、かつハーモニーになるような音量や質で歌えるのがすごいです。

アイーダの信念」戦いは新たな戦いを生むだけ、
何度も劇中で繰り返された言葉にははっとしました。まさに現実にも通じる言葉。

女声コーラスの素晴らしさ。

私は、今公演の素晴らしさはコーラスにあると思っています。

今公演では娘役さんが、アイーダの側近と、アムネリスの側近で分かれていて、各々に歌があります。
その中でも、アイーダの側近たちが歌う、戦いが終わった後のエチオピアに帰ってから歌う、アカペラが素晴らしかった。

なんて言うんでしょう…心を込めた歌ってまさにこのことなんですね。
肉親を奪われた悲しみ、それでもどうにもできない悔しさ、国を奪われた恨み。
全て詰まっているような気がします。

最後に。

あと書き留めておきたいのが、まぁ様が最後の場面で涙を流していたことです。
私は舞台で涙を流すのを見たことがありませんでした。
だからか、親近感がより湧いて、感動の度合いが一層に増しました。

ともあれ、組子の中心で輝くトップスターはかっこいいし、応援したくなる。
これからも応援していきます!