読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろぐりずむ

主には宝塚の感想。他のミュージカルも観ます。

【星組】『ガイズ&ドールズ』(2015)感想 その2

宝塚
     感想その2です。前回は、主要な人に関して書いたのですが、今回は違う人に焦点を当てて書いていきたいと思います。

    前回はこちら↓
    宝塚を観るようになってから、後ろでされている小芝居であったり、舞台を締める脇役であったり、ともかく「主要な役じゃないけど活躍している人」に心奪われるようになった。今回はそんな3人について。

1.小芝居編

    その方は…瀬央ゆりあさん!新人公演主演おめでとうございます!本公演では新聞屋さんを演じられている。それで、この役が結構舞台に出ずっぱりな役。それでいて、セリフがないので、すごく小芝居が多い役だと思った。

    私が見たときは、お客さんのバット(新聞)に打たれるふりとか、娼婦に誘惑されていたりとか、すごく忙しい役だと感じる。セリフがないからこそ、リアクションを大きくされているし、すごくアピール力を感じた。

2.舞台を締める人編

2-1.アーヴァイドについて
    演じているのは天寿光希さん。役はサラの後見人で、サラをずっと見守ってきた、というような役。最初の発声から、優しさであったり、サラを見守ってきた様子が分かった。金髪だから見た目は若いけど、声を聞いて若くはないのか、と感じる。

    やっぱり舞台は声が一番大事なんだ、という風に感じたのが天寿さん。中堅どころの学年になって、舞台を締めている役割を全うされているので、すごく魅力的な方と思った。

2-2.ナイスリーについて
    演じられているのは専科の美城れんさん。月組『1789』でも国王役として出演されていたので、本公演に度々出演されている。

    まず、プログラムの写真がすごい!個人的な見解では、プログラムの写真ってやっぱり「本人らしさ」が出ると思う。だけど、美城さんの写真は「ナイスリー」。本人感がなくて、役に入り込んでいるのが、本当に専科の方(=プロフェッショナル)だと思った。ポーズもお茶目でかわいらしいので、ぜひたくさんの人にナイスリーのプログラム写真見て欲しい。

    また、芝居の部分でも、ナイスリーは狂言回しというか、芝居を繋ぐ役割を3人組でしているのだけど、体格ですぐ分かるし、そのためキャラが確立している。また、ギャングなんだけど、憎めないし、下品になりすぎていないし、不思議な特徴を持ったキャラクターだ。

最後に。

    お披露目作品となった今公演、すごく楽しかった。トップが変わると、組の雰囲気が変わる。だからこそ、前の作品とは違った星組の魅力を感じられたし、今後の作品も楽しみになった。特にトップコンビはお二人とも歌が素晴らしいので、次回公演がすごく楽しみ!

    あと、ロケットでセンターを務めている真彩希帆ちゃん、本当に天使でした。(贔屓目)