読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろぐりずむ

主には宝塚の感想。他のミュージカルも観ます。

【ゆず】「TOWA」(2015) 感想 〜アルバムの前にライブ!?


私はかれこれ10年くらいゆずが好きで、何度もライブに行っている。そして先日、1年ぶりのライブに行ってきました!※ネタバレ有。

f:id:dmnys:20151211172919j:image

★12月9日 スタンドA 15列  大阪城ホール

新しい取り組み
今回、新しい取り組みとして、「ツアー→アルバム」の流れだった。それを考えると、今回のツアーは新規ファンよりも、従来のファン向けのライブなのか、と思った。というのも、基本的にライブはアルバムの後に行われるもの。アルバムを聴いて、曲が聴きたいと思えばライブに行くのではないだろうか。

でも、私のようなファンにとっては、なかなかこういう形式も面白いと思いました。やっぱり新曲を初めに聴くのがライブ、ってすごく贅沢なことだ。新曲だからこそ、こういう歌詞なんだ、メロディーなんだ、と歌に集中できた。普段は口パクで勝手に歌ってるので…。

でも、やっぱり新曲を歌うと、お客さんの盛り上がりがやっぱり下がってしまい、そこからまた盛り上げるのが難しいように感じる。そのため、盛り上がりが少なかったかもしれない。

あと、MCコーナーもあんなに長いのは初めてだった。私が見たときは、「緊張をほぐす方法」と「修学旅行の思い出」だった。…のだが、北川さん曰く、“今までで1番ひどいMC”とのことです…そう、ラジオのノリでした。詳しくは「ゆず ハマチ」で検索!

また、『ルルル』ではお客さんと会話したり、「(そのお客さんの名前)と話がしたい〜」と歌ってくれる演出も!


2つのステージで演奏。
今回も、メインステージとサブステージが合って、たくさん曲を歌ってくださった。その中でも感動したのが、サブステージでの『いつか』。噂によると、ここは『栄光の架橋』や『雨のち晴レルヤ』にもなるそう。

私はゆずを一時期毎晩聞いていて、歌詞も大体覚えていた。最近はそこまではできないのだけど、『いつか』はその熱心だったときに聴いていた曲だったので、色んな思い出が蘇ってきました。懐かしい。

メインステージでは、『HAMO』に始まり、『終わらない歌』で終わる。『HAMO』はお二人そのもの“ハモり”を表していて、原点である。それで『終わらない歌』は、また新たな新曲で未来へ繋いでいく、これからも終わらない、みたいな感じ。


アリーナとスタンドの違い
今回、私はスタンドだった。ファンクラブ申し込みを忘れていた…というわけで、“YUZU YOU”以来のスタンド。

まず違うと感じたのは、盛り上がり具合。やはり上から見ていると、アリーナはガチなファンが集まっているな、と感じた。それに対して、スタンドは色んな人がおり、自由に手を叩いたりできるので、気分的に楽でした。

また、音響も全然違う。アリーナは爆音で、自分がゆずのお二人に合わせて歌っていても、まったく聞こえない。ところがスタンドは、同じようにしていたら普通に自分の声が聞こえて、恥ずかしくなってしまった。


あとがき
今回はなんとアンコールなしだった。少し寂しかった。いつものアンコール終わりは、マイクなしで「礼!ありがとうございました!」だったから。

けれど、やっぱりライブを見に行くと、お二人が何度も「今日は来てくれてありがとう」と言ってくれる。贔屓目線なのはわかっているけど、こんな風に何度も感謝を伝えてくれて、盛り上げようと演出が凝っている、それで本当に私は幸せな気分になった。

これからも、ツアータイトル『TOWA』に応援し続けよう。そう改めて感じた。