読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろぐりずむ

主には宝塚の感想。他のミュージカルも観ます。

今年の宝塚を振り返る〜ベスト作品は?

2015年も、もうすぐ終わり。今年最後の記事は、2015年の宝塚観劇をまとめ、ベスト作品を選びたいと思います。

今年見たのは、以下の13作品。
花組
・『カリスタの海に抱かれて/宝塚幻想曲』宝塚大劇場
・『ベルサイユのばら/宝塚幻想曲』中継
・『新源氏物語/Melodia』宝塚大劇場

月組
・『1789』宝塚大劇場
・『舞音/GOLDEN JAZZ』宝塚大劇場

雪組
・『ルパン三世/ファンシー・ガイ!』宝塚大劇場
・『星逢一夜/La Esmeralda』宝塚大劇場
・『哀しみのコルドバ/La Esmeralda』全国ツアー(梅田芸術劇場)

星組
・『黒豹の如く/Dear DIAMOND!!』宝塚大劇場
・『ガイズ&ドールズ』宝塚大劇場

宙組
・『TOP HAT』梅田芸術劇場
・『王家に捧ぐ歌』宝塚大劇場

【その他】
・『タカラヅカスペシャル』中継

あれ、結構見ている。複数回見ているのもあるので、回数としては20回くらい。1年でこんなに熱中するとは、思いもしなかった。

2015年は、なんと言っても“柚希礼音さんの退団”がビッグニュース。退団公演は、平日でも大劇場はたくさんのお客さんでいっぱいで、びっくりしたのを思い出す。「平日なのにこんなに席埋まるのか…!」と。

いよいよ本題。
さて、本題に戻る。私の2015年ベスト作品は、宙組『TOP HAT』!!理由としては、①見た後の高揚感、そして②朝夏まなとさんの役のハマり具合、③ダンスに歌に堪能できるところだ。

記事はこちら↓


まず、①見た後の高揚感。私はこの作品を観た後、すごく楽しかった。そして
何回も観たいと思った。結局1回しか見れなかったけど…。単純だけれども、この理由が1番大きいと思う。

続いて、②役のハマり具合。朝夏さんが演じたジェリーは、ダンサーであり、チャラ男だ。本当にまぁ様(朝夏まなとさん)にぴったり。この作品を見て、役の性格と演じる人の性格が似ていると、相乗効果を生むことを知った。

そして、③ダンスに歌に堪能できるところ。もちろんどの作品でもダンスも歌はある。けれど、この作品は「タップダンズ」に重きが置かれていること、そして歌も『Cheek to Cheek』など、覚えやすいメロディーがたくさん。本当に楽しい作品でした。


あとがき
今年でどハマりして、まだファン歴は1年しか経っていない。けれど、1年の間にたくさんのタカラジェンヌの方に感動をもらって、元気をもらって、本当に素晴らしい1年だった。

来年はさすがにこのペースでは見れないとは思うけれど、来年もできるだけ舞台に通いたい。やっぱりスカイステージもあるけれど、1番は舞台だから。

それでは、最後に今年のショー『La Esmeralda』より、『Sunny』です。この曲を歌う咲妃みゆさんの力強く、でも女性らしさを出して歌う歌い方が大好きで、曲自体が大好きになりました。