読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろぐりずむ

主には宝塚の感想。他のミュージカルも観ます。

働き方について考える〜「ローパー社員」、あなたの職場にいますか?

今回は、「ローパー社員」のニュースから、働き方について見つめたいと思います。先日から2017年卒の就職活動が始まったり、はたまたシャープの騒動だったり、日本の雇用事情は「個人」に依るところが大きくなってきました。


http://www.flickr.com/photos/18090920@N07/5598204278

photo by Sean MacEntee

◾︎ニュース概要
「ローパー社員」のニュースは朝日新聞の紙面で知った。朝日新聞デジタルにも同じ記事があるので、ぜひ参考にしてほしい。↓

ニュース自体は、本来「雇用」を促進するはずの人材ビジネス会社が、「辞職」を促進する危険性になりかねない、というものである。

◾︎大手≠安定
ニュースにも出てくるのは大企業だ。その企業でこのようなことが起こったということで、日本にはもう「安定」はないのかもしれない。

・個人スキルの重要性

だからこそ、今非常に大事なのは「個人のスキル」なのではないか。当たり前のことを言っているが、自戒のためにあえて言う。
私は就職活動の記事を先日書いたが、紆余曲折した就職活動だった。そして、結局働くことにしたのが「スキルを身に付けることができる会社」だったのだ。

ちなみに別の会社でも内定を頂いたのだが、「個人でスキルを身に付けられるか」という軸で考えた場合、合わなかった。そのため辞退したのであった。

この選択が正しかったのかは、分からない。けれど、人生のキャリアプランとして何をしたいか考えた結果、こういった会社選びになったのであった。

◾︎あとがき
個人スキルがいつの時代でも求められる。そのために、「会社の犬」とならないよう気を付けたい。自分の軸を持って、自分らしく技術を身に付けよう。