読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろぐりずむ

主には宝塚の感想。他のミュージカルも観ます。

大学では部活に入るべき?〜メリットとデメリットを考える

私は「部活」という組織に10年間、所属していました。その中でも大学の部活のメリット、デメリットを記すことで、部活から卒業します。

今週のお題「卒業」

http://www.flickr.com/photos/42139271@N00/82242612
photo by wenzday01

■私の部活歴について

  • 中学:100人程度の音楽系部活、高校〜大学:50人程度の音楽系部活

■メリット

1.コミュニティができる

  • 最も恩恵を受けたのはここだ。私の大学では知り合いの情報を駆使し、「いかに単位を楽に取るか」ということが重要だった。
  • そのため、先輩から情報をもらうことができ、さらにそれを後輩に伝えるという一連の流れがあることで、授業は難なく過ごすことができた。

2.好きなものについて語り合える

  • 今はSNSがあるから、好きなことについては簡単に伝え合うことができる。しかし、リアルの友人と語り合えることは、すごく幸せなことだ。
  • 私の場合は、それが「音楽」だった。曲の解釈や、マニアックなところが好きだとか、そういう話ができるところは大変ありがたかった。
  • 知識も増えるし、私が伝えたいと思うことをみんなに知ってもらえる。それは幸せだったのだと、今になって気付く。

3.行動する力が鍛えられる

  • 私の部活では、1年間運営を担当する時期があり、そこで行動する力を学んだ。
  • 「行動しなければ始まらない」ということは高校時代で理解したものの、実行できたのは大学からだと思う。部員が快適に過ごすために、時には外部の人と接触することは私にとって財産になった。

■デメリット

環境に適応してしまうこと

  • 大学の部活だからこそ、「授業に出ないでいかに楽に単位を取るか」ということがとても重要なことに思われていた。
  • でも、私はそれに対して疑問に思っていたのにも関わらず、適応してしまったのだ。だからこそ、前半は満足行く勉強ができなかった。
  • そこにある環境の当たり前に適応するだけでなく、「どうしたいか」ということを常に考える必要があったと今では考える。

■あとがき

それでも、私は部活に入って良かった。

先日、先生は部活での経験は「宝」だとおっしゃっていた。私もそう思うし、もうこれから部活には入ることがないからこそ、得た経験を大切にしたい。