読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろぐりずむ

主には宝塚の感想。他のミュージカルも観ます。

ダイエットには、「自律」が大事〜筋トレ、そして食事管理

今月から「ダイエット」に本格的に取り組んでいます。その中で学んだことをここにまとめたいと思います。

Bloody diets...

■ダイエットのきっかけ

春から環境が変わり、ストレスでお菓子を食べることが増えた。にも関わらず、運動しなくなったため、体重が増えた。以前よりも5kgくらい増えたとき、「これはダイエットしなくては」と決意し、今に至る。

■参考にしたもの

  • 石本哲郎さんのツイッター(@ishimoto14)
  • 『やさしくわかる栄養の本』

やさしくわかる 栄養の本 健康な食事の正しい知識

やさしくわかる 栄養の本 健康な食事の正しい知識

ダイエットは春から少しずつ始めていた。しかし、今月に石本さんのツイッターを見たことが本格的にダイエットを始めるきっかけとなった。

ツイートを見れば見るほど、「栄養」についての自分の知識不足を知ることになった。そこで読み始めたのが上記の本である。イラスト付きで、分かりやすく書かれているのでオススメ。

■学んだこと

①筋トレの重要性

以前まで、ダイエットするためには「運動」さえすれば良いと思っていた。そこで始めたのがウォーキング。ウォーキングも運動で、もちろん代謝を上げるためには非常に効果的な有酸素運動である。しかし、体脂肪が多い私にはまず体脂肪を落とすため、筋トレが必要だった。

それを知って始めた筋トレ。現在、週2回ほど、1時間弱行っている。内容は、ブワイドスクワット、腹筋、ヒップリフト、内腿を鍛えるトレーニング。

また、ここで大事なのは「筋トレ1時間半〜2時間前に糖質を摂り、筋トレ後にたんぱく質を摂る」というもの。私にとって糖質は敵だったので、この考え方はとても衝撃だった。そして、運動だけでは痩せることができない、ということも学んだ。

②食べることの重要性

ダイエット初期は、食べることに対して罪悪感を抱いていた。しかし、ストレスが溜まりやけ食いをしてしまい、結局また罪悪感が生まれる。そのような負のループの中にいたのだ。

しかし、ツイッターで栄養素の大事さを知った。お恥ずかしながら、三大栄養素の内容も知らなかったのだ。そこで勉強していくうち、食べることの重要性を学んでいくことになった。

栄養素は、エネルギーになり、筋肉になる。適切な量を食べれば、太ることはない。ただ食べ過ぎると、その分が脂肪になり、溜まっていくのだ。このことから、ダイエットは食事管理であり、自分を管理することだと学んだ。

■あとがき

現在、目標体重があるので、まずそこを目指す。そして体脂肪も落として、「引き締まった身体」が最終目標である。

今月は、ダイエットの考え方を学び、とても有意義な月だった。ゴールはまだ遠いが、せっせと食事管理と筋トレに励みたい。