読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろぐりずむ

主には宝塚の感想。他のミュージカルも観ます。

【星組】『ロマンス!!』(2016) 感想 〜古き良き宝塚、そしてトップコンビよありがとう

宝塚

続いて星組『ロマンス!!』の感想です。ざっくり言うと、「古き良き宝塚」のような作品でした。私はあまりこういったテイストの作品を観劇したことがなかったので、新鮮でした。


今回は、ほぼ娘役さんの話。

■音波みのりさんのダン

はるこさん(音波みのりさん)のダンスが、本当に美しかった。男役さんと組んでいるときは、男役さんをカッコよく見せる。そして一人で踊っているときは、しなやかで美しい。

何と言っても、ダンスの中でコロコロ変わる表情。特に礼真琴さんと組んでいるときが、印象的だった。にこやかな笑顔だったり、きりっとした表情だったり。今回で大好きになった。

■風ちゃんのアクセサリー

風ちゃんの、ピンクのドレスの時の、ヘッドアクセが本当に素晴らしい。私はB席のため、舞台から遠いのだが、そこからも輝いていた。

娘役さんはこのようなアクセサリーを手作りすることは有名だけれど、これは芸術品だと感じる。宝塚の娘役力、ぜひアクセサリーにも注目して見ていただきたい。

■あとがき〜トップコンビに捧ぐ

ショーが終わった時、これでトップコンビを見ることはもうできないんだ、と寂しくなった。このお二人の作品を4作見てきたが、どれも完成度が高くて、大好きなトップコンビである。

特に大好きなのは、『Love&Dream』。ポスターそのものの世界観で、お二人の「エンターテイナー」っぷりか存分に発揮された舞台だった。そして、プリンセスと、白馬の王子様。あの作品は私に夢を見せてくれた。

宝塚の中で、一つの時代が終わろうとしている。お二人はまさに、「エンターテイナー」だった。夢の世界を見せてくれて、本当にありがとう。