読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろぐりずむ

主には宝塚の感想。他のミュージカルも観ます。

【花組】花乃まりあさんサヨナラショー(2017) 感想 〜「花は咲く」に感涙

宝塚

花組『雪華妙/金色の砂漠』千秋楽ライブビューイングを観ました。今回は、花乃まりあさんの退団公演のため、サヨナラショーとご挨拶もありました。サヨナラショーの感想を中心に、書いていきます。



Flowers


■『金色の砂漠』

ともかく、熱かった。熱いお芝居だった。私が観たのは大劇場2日目だったからか、千秋楽を観ると違いが分かる。特に、登場人物の叫びが心に響いた。ジャーの「兄さん」だったり、タルハーミネのギィに死を言い渡すシーンなど。本当にいいお芝居だった。

■サヨナラショー

私は今回初めてサヨナラショーを観たのだけど、本当にいいショーだった。私が宝塚にはまり始めた『カリスタの海に抱かれて/宝塚幻想曲』、千秋楽を観た『新源氏物語/Melodia』、サリーのはまりっぷりにびっくりした『ME AND MY GIRL』、どれも私の中に色濃く残っていて、思わず涙が出そうになった。

花組時代だけでなく、宙組時代の曲もあった。『WMW』のエマはやっぱりかのちゃんの当たり役だと感じる。『風と共に去りぬ』のスカーレットの帽子が出てくるところは、粋な演出だった。

やっぱりサヨナラショーで好きだったのは、『宝塚幻想曲』の「花は咲く」でのデュエットダンス。曲が感動的なのも相まって、立派に咲き誇るお二人のリフトをもう一度見れて嬉しかった。あのお衣装、大好き。

■品と、お芝居

かのちゃんの素晴らしい点、それはどんな時でも品が失われないところとトップに拮抗するお芝居の力である。

いつでも品が失われない、というのはやはりサリー(『ME AND MY GIRL』)を観てから感じるようになった。下町娘でも、品がある。だからこそ、メルトゥイユ夫人(『仮面のロマネスク』)などでは誰にも負けない品の良さ、華やかな雰囲気を醸し出していた。

そしてトップに拮抗するお芝居。娘役は男役さんを立てるのも大事な仕事だが、やはり私は男役さんに食いつくような娘役さんが好き。今回のタルハーミネ然り、対等なお芝居を見られたことは本当に幸せだった。

■あとがき

雨姫、と明日海さんに言われたかのちゃん。明日海さんの、「今日は雨を降らせるのではなく、お客様の頬に涙を濡らした」という言葉が印象的だった。

今回退団された皆様、素敵な舞台をありがとうございました。