ろぐりずむ

主には宝塚の感想。他のミュージカルも観ます。

パソコン購入!〜ThinkPad E570はコスパ最高ノートパソコン

学生時代から憧れていた、マイパソコン買いました!私の中で、かなり大きな買い物だったので、記録を残しておこうと思います。

■欲しいパソコンの条件

  • 予算:10万以内
  • OS:Windows
  • ノートパソコン
  • テンキー付き
  • CDドライブ付き
  • オフィス付き
  • 打ちやすいキーボード

元々、家にあるパソコンと同じようなものが欲しかったので、こういった条件になった。ノートパソコンでテンキー・ドライブ付きだと、どうしても重くなるので、薄型とは逆方向のものが欲しい、ということになる。

また、色々と調べていくと、「CPU」「メモリ」「HDD/SSD」など、知らないことがたくさんあった。知れば知るほど、ちょっといいものが欲しくなってしまう。だから、上記の条件に加えて、条件はどんどん増えていってしまった。

■購入したパソコン

そこで買ったのが、lenovoの「ThinkPad E570」である。

ノートパソコン・オフィス・メモリ8GB・HDD500GB/SSD128GB・corei5で、予算内に収められた。もう動きが早いので、パソコンを操作するのがとっても楽しい。

■あとがき

パソコンを買ってから、スマホとの使い分け・アプリなどにまだ苦戦している状況であるが、早く使いこなして「パワーユーザー」になりたい。

【香港・マカオ】2017夏旅行記〜海外旅も慣れてきた

2017年8月、香港旅行に行ってきました!旅行記として残しておこうと思います。

■1日目〜香港

ピーチで出発。ここでパスポートの名前を姓名逆で登録、というミス。間に合ったからいいのだけど、関空ではカウンターがかなり並んでいたので、次回は気をつける。しかし、思いがけないラッキーがあり、席が足元の広い席に変更してもらえた。

香港までは4時間弱。到着してから、オクトパスカードを購入し、エアポートエクスプレスに乗り、九龍駅へ向かった。その後、シャトルバスに乗って、宿泊先へ向かった。今回は「Hotel Hart」というところに泊まった。

オクトパスカードについて

私はこちらのサイト*1を参考にし、カードを購入。これが本当に便利!私が感じた主なメリットは2点。

1.会計が早い:
お札は判別できるのだけど、コインの判別が難しい。そのため、現金で払うとなると時間がかかってしまう。オクトパスカードなら、秒で会計が終わる!早い!

2.換金できないコインを持つ必要がない:
香港ドル→日本円に換金するとき、基本的にコインはできない。会計をすると、やはりお釣りがコインで出てくるのは避けられない。コインが溜まると重いし、使い切らないともったいないので、コインを持つメリットはあまりないように思う。オクトパスカードを持っていればコインを持つ必要がない。

■2日目〜マカオ

2日目は香港からターボジェットに乗って、マカオへ。香港ナビ*2で事前に予約。到着してからは、こちらのブログ*3を参考にし、シャトルバスでホテルの近くに行き、帰りのチケットを事前にもらう。

元々は「お金持ちを見たい!」という動機で向かったのだが、マカオはどこもかしこも観光客ばかり。もちろんカジノのテーブルも観光客だった。カジノは映画『オーシャンズ11』のよう、大きなゲームセンター。街自体はUSJが本当に街になった、みたいな感じだった。

でも、マカオは「観光客向け」と「現地の人向け」に産業が分かれている。観光客向けはとことんリッチだし、現地の人向けはそうではない。その差が激しいので、暮らしはどんな風になっているのか気になった。

・ホテルリスボ

・グランドリスボ


セナド広場などの観光地も回った。けれど、暑いし湿度がとても高かったので、一日中歩き回るのはかなりきつかった。

・セナド広場

聖ポール天主堂跡


■あとがき

毎回、旅の予定を組むのに3ヶ月くらいかかるのだけど、予定通り行かないことが多い。今回それを改めて実感したので、下調べは十分にした上で、その場で考えて動くことも視野に入れて次回も生かしていきたい。

あと、買い物を旅先でするのが好きではないので、やっぱり「街歩き」だと時間を持て余してしまう。やっぱり「遠征」のような、何か確固たる目的がある旅が一番自分に合っていると思った。

今回は、現地の人と会話できたこと・下調べがあったことでスムーズに行動できたこと、などがよかった。次回は暇がないように、そしてちょっとランクを上げた旅をしたい。

【月組】『All for One』〜月組×小池作品の可能性、無限大!

月組公演『All for One 〜ダルタニアンと太陽王〜』観劇しました。

★8月14日(千秋楽) 13時 1階24列 宝塚大劇場

■「月組×小池作品×コメディ」

演出家の小池先生は、『1789』のような群集劇が印象的である。その群集劇を得意とするのは、宝塚の5組の中では月組だと感じている。群集劇は、「市民」「農民」のような、名前が付いていない役が多くなりがちである。けれど、月組は下級生に至るまで、お芝居の実力が素晴らしいので、より一層魅力的だった。

特に1幕ラスト!フィナーレなのか、と思わせるほどの盛り上がり。おそらく全員舞台上で歌い上げるのだけれど、千秋楽ということもあり、すごい熱気!

また、コメディということも残しておきたい。出てくる人みんなが笑いを取っていて、客席もどっかんどっかん!れいこさん(月城かなとさん)の壁ドンのくだりは何度もあったけれど、3回目になると、笑うというよりむしろ応援する気持ちになっていた。

■男役さんについて

男役さんはプロローグからかっこよかった!剣を使ったお稽古は危険も伴うので、本当に大変だろうと思うのだけど、本当に素晴らしい!殺陣の場面はたま様(珠城りょうさん)とれいこさんの手合わせの場面が迫力があった。ここで早速雪組の実力が生きている!
あとタイトルにもある、「All for One,One for All」という言葉。このかけ声かっこよかった!

たま様は本当に「男の中の男」というのがぴったりで、完璧すぎて惚れてしまいそうになった。剣術の実力がある・仲間思い・一途。特に一途なところがいい!あとそれに反して壁ドンしたりするところも。『グランドホテル』の男爵しかり、いつも期待以上の舞台を見せてくれるので、これからも楽しみ。

そして今回度肝を抜かれたのがとしさん(宇月颯さん)。フィナーレのとき、一瞬としさんを探したのだけれど、黒髪のとしさんがいないな、と思ったら、金髪だ!金髪のとしさんがいた!すっごくかっこよかった。黒髪のイメージが強かったので、これからもどんどん金髪にしてほしい!

■コマさんの「専科」っぷり

娘役さんというか、女役さんと言うべきか、ともかくコマさん(沙央くらまさん)が本当に魅力的だった。まずビジュアル。ホクロって、あんなに女性的で、色っぽい特徴なんだね…。すっごく色っぽかった。メイクはタレ目っぽく、髪型も少し崩して余裕を出す感じで、ビジュアルの作り込みが本当に素晴らしい。舞台上でもどっかんどっかん笑いを取っていて、さすが「専科」である。

■あとがき

他にも、ちゃぴ(愛希れいかさん)はもはや「娘役」を超えた娘役だし、うみちゃん(海乃美月さん)のはっちゃけ具合は素晴らしいし、胸キュンシーンは多くて楽しいし、子供から大人まで楽しめ、夏休みにぴったりの作品だった。

また、今回は千秋楽。輝城みつるさん・蒼矢朋季さん・紫乃小雪さんが退団。輝城さんがご挨拶で触れていた、「マグノリアコンサート」。このコンサートは未だ心に残っているコンサートだったので、参加できてよかったな、と感じた。

【四季】『ノートルダムの鐘』(2017・京都)~何回見ても考えが止まらない作品!

 

ノートルダムの鐘、京都公演観劇してきました。昨年年末に観劇してから半年以上。やっぱり何度見ても大好きな作品で、心に残る作品でした。

 

f:id:dmnys:20170813192027j:plain

★8月13日 13時 2階2I列 京都劇場

 

■あっきーカジモドについて


私、このノートルダムを3回観ているのだけど、ありがたいことに!3回共違うカジモドを見ることができた。同じ役柄だけれど、演者が違うと細かいところが変わる、というトリプルキャストの良さを感じることができた。特にあっきーカジモドについては、「守ってあげたくなる」感が一番強いように感じた。だからこそ、エスメラルダを助けに行く場面では、すごく応援したくなったのであった。

 

■芝さんフロローについて

いやー鳥肌が立つね!!!執念が深すぎる。エスメラルダのスカーフを最後までずっと持っていたことには、かなりの気持ち悪さを感じた。しかしそれも芝さんの演技力あってこそ。

 

■阿部さんクロパンについて


今回初めて阿部さんクロパンを観た。すごくよかった!まず見た目。ジプシーは劇中にもある通り、周りから蔑まれる扱いをされている。おそらく仕事も体力仕事が大半なのだろう。そこでの汚れ、というか、見た感じ人を寄せ付けない感じがうまく表現されていてよかった。また、フィーバスを助けるところも、さすがジプシーのリーダー!仲間思いの感じが出ていてかっこよかった。

■あとがき

ノートルダムの鐘を見るのは3回目だったし、サウンドトラックは毎週のように聴いている。そのため、話の流れは大体頭の中に入っている。だからこそ、今回は舞台に立たれている方々がどんなお芝居をするのか、ということに集中して観ることができた。次は横浜…行けるかどうか分からないな。でも、確実にこの作品は私の中の最高作品です。

 

「心の叫びをブログにしてみた」

オタクあるある、「もう少し早く好きになっていれば…」という過去に戻りたい気持ち。最近、その気持ちがずっと心の中でもやもやしている。アイドル「°C-ute」のことを、もう少し早く知りたかった。

℃OMPLETE SINGLE COLLECTION(通常盤)


思えば、私は彼女たちのハロー!プロジェクト・キッズとしての活動を目の当たりにしていた。それが映画『仔犬ダンの物語』である。当時はモーニング娘。の人気が非常に高く、会話の中心はモーニング娘。のことだった。映画の中では、°C-ute岡井千聖ちゃんがボーイッシュですごく印象的だったことを覚えている。

そして、今年の5月辺り、私はYoutubeで°C-uteの「夢幻クライマックス」というミュージックビデオと出会う。そのとき、まさに「落ちた」。キレキレなダンス、素晴らしい歌声、それらを総合する惹きつけるパフォーマンス力。全然知らない間に、彼女たちはアイドルに憧れられるアイドルとなっていた。

そのミュージックビデオを見たとき、コメントで°C-uteが解散することを知った。2017年6月12日。

それからはYoutubeで°C-uteのミュージックビデオを見漁る日々。「Crazy 完全な大人」「Love take it all」など、°C-uteのパフォーマンス力が前に出る曲が好きで、毎日のように聞いていた。それらを聞くたびに、どうしてもっと早く知らなかったんだろう、ライブに一度でも行ってみたかった、という思いが湧き上がってきた。

もう5人でのパフォーマンスを見ることはできない。「〜すればよかった」という思いばかりが残るけど、解散しても私は°C-uteが大好きです。

【歌舞伎】『盟三五大切』〜七月大歌舞伎!

松竹座で行われた、七月大歌舞伎観劇しました。

★7月8日 16時夜の部 3階3列 大阪松竹座

■盟三五大切

7月の松竹座は夜の部が人気だったようである。終演後、観客の皆さんの会話からも、「仁左衛門さんかっこよかった〜」なる会話がたくさん聞こえてきた。私もにざ様の虜になった一人である。今回の記事は、主に『盟三五大切』を振り返ろうと思う。

にざ様演じる主人公は、「殺人を犯す男」「芸者小万を愛する男」という2つの人格がある。

「殺人を犯す男」という面では、初めて殺人を行う様子が美しい、と感じた。まるで浮世絵を見ているようだった。特に、小万に刀を握らせ、小万の子供を殺させる場面。あれはかなり残虐だったな。

そして、「芸者小万を愛する男」。小万を愛しすぎて、それゆえに裏切られたときの憎しみがとてつもなかったのだろうと推測する。今回の特徴的だったのが、小万の首を見ながら食事する場面。そのときに発する「こうして二人で食事をするのだと思っていた」というセリフに悶絶した。大好きな場面の一つになった。

■あとがき

愛と憎しみは紙一重。愛しすぎたから、憎しみも人一倍になり、劇中のような行動になったのだろうか…。

また、他に中村壱太郎さんの芸達者さや、尾上松也さんの素晴らしく通る声、今回も新たな発見がたくさんあっていい公演だった。

リバウンドからの過食克服記〜ストレスなダイエットは危険!

いつもとテイストが違いますが、今回は過食に悩んでいる方へ、少しでも参考になればと思います。※一個人の体験談として、読んでいただけると幸いです。

■ダイエット方法

昨年ダイエットを始め、10kgの減量に成功した。その頃のダイエット方法は、「食べたもののカロリーの記録」「筋トレ」と言った、王道的な方法だった。

レコーディングダイエットは、確かにメリットが大きい。私もこのおかげで、大体のカロリーや栄養素のバランスを知ることができた。反面、カロリーを知ることによって、「これだけしか食べてはならない」という暗示を自分に重く課していた。今思うと、神経質な私には数値でダイエットすることは合っていなかった。

■過食の状況

そして迎えた誕生日。そこで私は、今まで自分に禁止令を出していたケーキを食べる。そこが過食の始まりだった。「食べてはならない」自分のルールを破ったことにより、今まで溜め込んでいたストレスが爆発し、どんどん食べるようになった。

当時、3食+仕事終わりに食パン一斤におやつ、ハム、チーズという生活を3ヶ月ほど送っていた。こんな食べたら、ほんっとに胃がキリキリ痛い。

過食で辛かったのは、以下の通りである。

  • 胃がパンパンになるまで食べることを止められないこと(自分では抑制できない)
  • 満腹感が得られないこと(食事することが作業になる)
  • 食べた後に自分を責めてしまうこと
  • みるみる太っていく自分を目にすること

胃が悲鳴を上げていても、やめられなかった。当時はツイッターとかで同じ悩みの人を探して、心の支えにしていた。周りに相談できなかったので。

■治療法

たくさん調べて、現在は過食は治まっている。
以下、どうやって治していったのかを書いていく。大体3ヶ月くらいで過食は収まってきて、今は1ヶ月くらい過食は止まっている状況である。

まず、私の過食のパターンとして多かったのが、「会社帰りにコンビニに寄り、車の中で食べる」ということだった。そのため、コンビニに寄るのをやめるため、ストレス発散に車内で歌うことで、コンビニに寄るのをやめられた。現在もいつ過食が始まるかわからないので、会社帰りにコンビニには寄らないようにしている。

しかし、ここでは自宅で過食が起こる。そこで、カロリーは書かずに食べたものだけを記録するようにした。最初は「あぁ、食べてしまった」となるのだけど、たまに過食しない日が出てくる。そのときは「えらい!!!」と自分を褒めるようにした。ここも、私はかなり自己肯定感が低いので、とりあえず小さな目標から自分を褒めるようにした。

そして最近は、「消化できる量だけ食べる」「糖質をゆっくり摂取」この2つを心がけている。というのも、私は小学生の頃から低血糖持ちで、血糖値が自分でうまく調整できない。なので、空腹時にお菓子を食べると血糖値の乱上下が激しくなり、すぐに過食を起こしてしまう。そのため、食事の際はご飯やパンを最後に食べるようにするし、甘い飲み物などはできるだけ一気飲みしないようにしている。

■まとめ

今はだいぶ収まってきたけど、常に過食の不安はある。今は満腹感を感じられるようになり、食事もおいしいと感じられるようになった。

過食についてはインターネットで様々なことが書かれているけれど、私が伝えたいのは、どうか過食をしている自身を責めないでほしい、むしろ褒めて欲しい、ということである。責める気持ちはよく分かるけど、私は責めて罪悪感しか残らなかった。責めるくらいなら今日一日小さなことでもいいので、頑張ったことを褒めて欲しいな、と感じる。

2017.5.6