読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろぐりずむ

主には宝塚の感想。他のミュージカルも観ます。

【花組】『仮面のロマネスク』(2016) 感想 〜花組娘役の華と品が素晴らしい!

宝塚

花組全国ツアー公演、『仮面のロマネスク』『Melodia -熱く美しき旋律-』観劇しました!今回は『仮面のロマネスク』の感想です。

★9月4日 12時 梅田芸術劇場メインホール3階2列


観終わった感想として、まさに「危険な関係」で、「仮面」の「ロマネスク(=情熱)」。柴田先生の作品タイトルは無駄のない、かつ本質を見抜いた名前である。

そんな中、私がこの人が素晴らしい!と思ったのは、トップ娘役・花乃まりあさんと、仙名彩世さんだった。

■メルトゥイユ夫人の「華」

退団を発表された花乃まりあさん。その「華」、そして「品」が存分に発揮された作品だった。

まず「華」。メルトゥイユ夫人は、裕福だ。それを示すように、作中では何着ものドレスが出てくる。その着こなしが素晴らしかった。特に紫のドレスが綺麗だった。

ドレスの着こなしってすごく難しくて、太りすぎても痩せすぎてもいけない。その中で品のある女性をドレス含めて着こなしているのが素晴らしい。

そして「品」。最初のセリフから度肝を抜かれた。トップ娘役ってどうしてもトップスターよりも学年が下だから、娘役さんがトップスターと対等な関係になる、というのが不思議に感じてしまう。そこを、かのちゃんの色気ある声と、芝居で魅せてくれた。

特に素晴らしかったのは最後の場面。ヴァルモンとメルトゥイユ夫人がお互い「仮面」を付けている、ということを話し合う場面。いくら強がっていても、仮面を外すともろい。そんな二面性が素晴らしかった。

■トゥールベル夫人の「品」

仙名さん(=ゆきちゃん)、素晴らしかった!ゆきちゃんは個人的に「ちゃきちゃきしてる女役さん」というイメージがあったので、今回の役はすごく衝撃的だった。

トゥールベル夫人は、法院長の奥様であることからある程度の地位を持っていて、成功している。でも、ヴァルモンと出会って、自分で隠し通していた本心を出してしまう。そのジレンマを、品があって、守ってあげたくなるような可愛らしさで演じていたのが印象的だった。

■あとがき

観終わった後、何だか『新源氏物語』と似ているな、と感じた。主人公はプレイボーイで、一人の女性の面影を追って多くの女性と関係を作っていく点だ。

あ、最後に。夏葉ことりさんの歌がすごく歌お上手だった。これからも注目していきたい。